Traffic Accident交通事故

皆様は、保険会社の提示する賠償金の金額(いわゆる保険会社基準)が、本来支払われるべき適正な賠償額(いわゆる裁判所基準)より低く設定されているということをご存知でしょうか。両基準による賠償額の差は事案によって様々ですが、場合によっては、保険会社の提示した賠償額が適正な賠償額よりも数百万円以上低い、という事態も生じ得ます。

そのため、適正な賠償額に関する正確な知識を持たず、漫然と保険会社の提示額どおりの内容で示談してしまうと、本来受けるべきであった適正な賠償を受けることができない、という事態が発生してしまいます。

このような事態を避けるために、交通事故の被害に遭われてしまった方は、保険会社と示談をする前に、一度弁護士へご相談されることをお勧めいたします。

当事務所では、過去の事案等を踏まえ、個々の案件ごとに適切な賠償額についてのアドバイスをさせていただきます。また、損害賠償請求をご依頼いただいた場合は、お客様を代理して保険会社と交渉・訴訟し、適正な賠償額を勝ち取るお手伝いをさせていただきます。

交通事故の損害賠償請求を弁護士にご依頼いただいた場合のメリット

  • 適正な損害賠償の実現
    弁護士に依頼した場合、適切な基準(裁判所基準)を前提とした示談交渉・訴訟等により、損害賠償額の増額を実現することができます。
  • 煩雑さからの解放
    弁護士に請求手続を委任することで、煩わしい示談交渉・訴訟手続などから解放され、仕事やプライベートへの支障を最小限に抑えることができます。

なお、当事務所では、加害者に対する損害賠償請求はもちろん、交通事故に伴う様々な問題にも対応しております。
 (例)後遺障害の事前認定手続/異議申立手続
    自賠責保険への被害者請求・加害者請求  など

保険会社から提示された賠償額が適切なものか分からないという方、交通事故に遭ったばかりでこの先どうなるか不安という方、後遺障害の認定結果に不満があるという方など、交通事故に関連してお困りの方は、一度当事務所での相談をご予約ください。
交通事故に関するご相談は、初回に限り無料で対応させていただきます。

よくある質問(交通事故)

解決まで、どのくらい時間がかかりますか。
事案によって様々ですので、一概には申し上げられません。
事故の過失割合や後遺障害の等級、休業損害の有無などについて争いがなく、賠償額の多寡だけが問題となっているような場合は、当事者間の話し合いにより、比較的短期間(1~3月程度)での解決も可能なことがあります。
他方、過失割合や後遺障害の等級などについて争いとなっている場合は、当事者間での話し合いでは決着せず、訴訟の提起が必要になる場合があります。このような場合は、解決までに1年以上を要することもあり得ます。
当事務所では、ご相談時に事案の内容やお客様の希望などをお聞きし、これらを踏まえた処理方針・解決までの流れをご説明いたします。
弁護士費用はどうなりますか。
当事務所における弁護士費用の目安は、「料金のご案内」をご覧ください。
なお、お客様の事情により、
・弁護士費用特約の利用による、お客様の負担なしでの対応
・法テラス利用による、弁護士費用の立て替え
・完全成果報酬制等による、初期費用の負担なしでの対応
が可能な場合があります。詳細は相談時にお問い合わせください。